効果的なサプリメントの飲み方

避けるべき飲み方

危険性のある栄養素

まず摂りすぎてはいけないものをざっと挙げると、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、βカロテンといったものがあります。
これらは人それぞれによって危険性が増す場合があります。
例えばビタミンAを妊婦の方が過剰に摂取すると、赤ちゃんに奇形が現れる場合があります。
ビタミンAは確かに胎児の成長に効果的な栄養素ではあります。
しかし摂りすぎると奇形という重大な副作用を及ぼしてしまうので注意しなければなりません。

βカロテンは目や肌の健康維持に役立つ栄養素ですが、喫煙者は摂りすぎに注意です。
過剰摂取は肺がんのリスクを高める恐れがあるからです。

またビタミンKのように、特定の薬の効果を低下させてしまうものもあるので、薬を服用している際にはサプリメントを使っていることを医者に申告したほうがよいでしょう。

やってはいけない飲み合わせ

相性の悪い栄養素の組合せとして覚えておきたいのが、ダイエットに効果的なDHAとキトサンです。
ダイエットをしようと思って、それに必要な栄養素を摂ろうとしたときに、もしかしたらこの二つを一緒に摂ってしまうことがあるかもしれません。
キトサンはDHAの吸収を妨げてしまうので、同時に飲むことはよくありません。
もしどちらも摂ろうとするのであれば、時間をずらして飲むのがお勧めです。

ここまでたくさんの栄養素が登場し、さらにはその良い組合せ、悪い組合せまでも出てきてしまい、サプリメントをまだあまり使ったことのない人にとっては情報過多だったかもしれません。
しかしそのような人にはマルチビタミン剤というものがお勧めできます。
これは様々なビタミンがバランスよく配合されているので、どれかを摂りすぎる心配はありません。

正しい知識を持つことで、サプリメントを効果的に利用していきましょう。