効果的なサプリメントの飲み方

サプリメントあるある

パッケージをよく見よう

お店で買ったサプリメントのパッケージをよく見てみると、飲み方や飲む際の注意事項が書かれています。
小さい文字で書かれているので、読む気が失せてしまうかもしれませんが、それは商品を販売している会社が記載しているものですので、貴重な情報源の一つになります。

その中でも重要な部分は太字で強調されていることが多いです。
特に、「何歳以上対象」というものであったり、「病気をお持ちの方は使用をお控えください」といったものは、しっかり守る必要があります。

また一回にどれくらい服用するのかも確認しておきましょう。
後で述べるように、摂りすぎることで逆効果になる栄養素というものも存在します。
そのようなことを避けるためにも、正しい飲み方を把握することが大事になってきます。

水とともに飲もう

今では多くのサプリメントがおいしく摂れるものになっていますので、おなかがすいた時のおやつ代わりに飲んでいる人も多いかもしれません。
ただ実際は食事とともに摂ったほうが良いといわれます。
というのも食べ物と一緒に消化されることで、吸収が早くなるからです。

また飲む際には水と一緒に飲むのが基本です。
リキッドタイプのものはそのまま飲めるので特にその必要はありませんが、カプセルタイプや錠剤のものは水などの液体と摂ることで吸収効率を高めます。
だいたいコップ一杯程度の水を用意すれば足りますが、この際にお茶やコーヒーで代替することは避けましょう。
そこに含まれるカフェインやタンニンなどは吸収を悪くしてしまうからです。